高血圧

すっぽんは鶏肉の味に酷似

すっぽんを食べてみたいと願いつつ、生まれて数十年来その機会に恵まれていない、そんな方々も潜在的ん少なくありません。
「活き血を飲む」といった楽しみ方の豆知識が先行する中、理由無き抵抗感が拭えない方もいらっしゃるでしょう。
そんな中で注目すべきコメント、それが「鶏肉みたいで美味しい」なのです。

調理された実物を目にされた経験こそお持ちで無くとも、写真や画像などでご覧になられた記憶は誰もがお持ちのすっぽん、まずは思い浮かべてみてください。
その肉は白く透き通っているかのようで、豊富なゼラチン質の甲羅周辺は圧倒的なコラーゲンの含有を伝えています。
そして足の部分は更なるゼラチン質が一目瞭然で、肉の部分は確かに鶏肉に酷似しています。

こうしてイメージすれば確かに、取1羽を丸ごとさばいた絵と似ているかも知れません。
外観の印象が似ていれば、その食感も類似していても不思議ではありません。
そしてすっぽんの代表的調理法を挙げてみれば、鍋や唐揚げなど、これらも鶏料理と共通しています。

試しにお手元のパソコンやスマホのインターネット検索機能を活用し、キーワードを「すっぽん」「鶏肉」「似ている」などと入力してみてください。
数多くの投稿者の口コミコメントが閲覧出来、それぞれの方々の率直な感想が語られています。
勿論食感は個人差がありますし、食材に関する専門的な知識が深ければそれだけ、単純に「似ている」「似ていない」を論じられませんが、大多数の意見はズバリ、次の結論で一致しています。
「すっぽんの食感は鶏肉に酷似している」。

それでは文字上での推論はこの当たりで一段落としておきましょう。
百聞は一見にしかずならぬ、一食にしかずで行きましょう。
皆さんご自身の舌と味覚で美味しく楽しくチェック、これに勝る確認方法は存在しません。

不特定多数の多くの方々が声を揃える通り、すっぽんの食感は鶏肉と酷似している事、間違いありません。
理由なき先入観からどうしても箸を伸ばせなかった方々にとって、これは大きな朗報ではないでしょうか。
数え切れない人達に愛食されている食材、知らないままなのは勿体無さ過ぎます。
気になるすっぽんと亀の違いについても参考にご覧ください。